コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛引 くしびき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛引
くしびき

山形県西部,鶴岡市東部の旧町域。庄内平野の南部に位置する。 1954年山添村,黒川村が合体し櫛引村が成立。 1966年町制施行。 2005年鶴岡市,藤島町,羽黒町,朝日村,温海町の5市町村と合体して鶴岡市となった。西部を赤川が北流し,東部は出羽山地に属する山岳・丘陵地帯。赤川流域と東部中央の丘陵地帯では米の単作が行なわれる。山添では果樹栽培や畜産も盛ん。黒川の春日神社には中世以来,農民が能を奉納しており,黒川能として国の重要無形民俗文化財に指定されている。能楽,能衣装,能面などの文化財も多い。南東部の月山西麓一帯は磐梯朝日国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛引
くしびき

山形県西部、東田川郡にあった旧町名(櫛引町(まち))。現在は鶴岡(つるおか)市の中東部を占める地域。庄内(しょうない)平野の南端に位置する。旧櫛引町は、1966年(昭和41)町制施行。2005年(平成17)藤島、羽黒(はぐろ)、温海(あつみ)の3町および朝日村とともに鶴岡市に合併。地域の大部分は藩政時代、櫛引通りといわれ、六十里越街道(国道112号)の庄内側の要衝地でもあった。地域の西半は、北流する赤川の肥沃(ひよく)な沖積地で水田が中心。東半は、出羽(でわ)山地に属する月山西麓(がっさんせいろく)に広がる丘陵地帯で、藩政期に因幡堰(いなばぜき)や天保(てんぽう)堰の開削で耕地化が進み、養豚、養鶏や庄内ガキなどの果樹栽培が盛ん。鶴岡市櫛引庁舎のある上山添(かみやまぞえ)が中心地で、北部地区には工業団地も造成され、都市化の影響を受けつつある。黒川地区の春日(かすが)神社には、中世以来の神事能である国指定重要無形民俗文化財の黒川能がある。そのほか、県指定史跡の丸岡城跡および加藤清正墓碑などもある。[中川 重]
『『櫛引町史』(1978・櫛引町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

櫛引の関連キーワード日本のおもな郷土玩具トヨタ部品埼玉共販青森県八戸市八幡朝日(山形県)山形県鶴岡市九戸政実の乱藤島[町]羽黒[町]岡部[町]八戸(市)鶴岡(市)櫛引八幡宮柏戸 剛武田定清工藤行幹朝日村八幡馬八戸市藤島町稚児舞

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

櫛引の関連情報