コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田氏信 たけだ うじのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田氏信 たけだ-うじのぶ

1312-1380 南北朝時代の武将。
正和(しょうわ)元年生まれ。武田信武(のぶたけ)の次男。甲斐(かい)・安芸(あき)両国守護の父とともに南朝方についた足利直冬(ただふゆ)軍とたたかう。安芸守護職(しき)をつぎ,安芸武田氏の祖となるが,のち解任された。康暦(こうりゃく)2=天授6年死去。69歳。通称は二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武田氏信の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android