コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田清子 たけだ きよこ

1件 の用語解説(武田清子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田清子 たけだ-きよこ

1917- 昭和後期-平成時代の思想史家。
大正6年6月20日生まれ。長幸男の妻。昭和16年アメリカのオリベット大を卒業ののち,コロンビア大,ユニオン神学校でまなび,17年帰国。21年「思想の科学」同人となる。36年国際基督(キリスト)教大教授。日本の土着思想とキリスト教のかかわりを研究。天皇制についても独自の考察をしめす。兵庫県出身。著作に「天皇観の相剋」「土着と背教」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武田清子の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武田清子の関連情報