コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴見俊輔 つるみしゅんすけ

4件 の用語解説(鶴見俊輔の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鶴見俊輔【つるみしゅんすけ】

哲学者。鶴見祐輔の長男。東京都生れ。アメリカハーバード大学哲学科卒業。1946年京都人文学園講師,1949年京都大学人文科学研究所助教授,1954年東京工業大学助教授となったが,日米安全保障条約調印に抗議して1960年辞職。
→関連項目久野収武谷三男鶴見和子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

つるみ‐しゅんすけ【鶴見俊輔】

[1922~2015]評論家・哲学者。東京の生まれ。米国ハーバード大学で学んだのち、昭和21年(1946)、都留重人丸山真男らと「思想の科学」を創刊。プラグマティズム論理実証主義を日本に紹介した。昭和40年(1965)には小田実らと「ベトナムに平和を! 市民連合」(ベ平連)を結成。また、大衆文化についても注視し、幅広い分野で評論活動を行った。「戦時期日本の精神史」で大仏次郎賞受賞。他に「アメリカ哲学」「戦後日本の大衆文化史」「柳宗悦」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴見俊輔 つるみ-しゅんすけ

1922-2015 昭和後期-平成時代の哲学者,評論家。
大正11年6月25日生まれ。政治家・鶴見祐輔の長男,社会学者・鶴見和子の弟。ハーバード大で哲学をまなび,昭和17年帰国。21年丸山真男,武田清子らと「思想の科学」を創刊。思想の科学研究会で「共同研究・転向」などをまとめる。京大助教授,東京工業大助教授,同志社大教授を歴任。プラグマティズムの紹介や大衆文化論,日常性に立脚した哲学を展開。40年小田実(まこと)らとベ平連を結成し,ベトナム反戦運動を組織。57年「戦時期日本の精神史」で大仏次郎賞。平成6年朝日賞。16年梅原猛,大江健三郎らとともに「九条の会」設立呼びかけ人となる。平成20年「鶴見俊輔書評集成」全3巻で毎日書評賞。平成27年7月20日死去。93歳。東京出身。著作はほかに「日常的思想の可能性」「限界芸術論」「柳宗悦」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴見俊輔
つるみしゅんすけ
(1922―2015)

哲学者、思想家。東京生まれ。祖父は政治家の後藤新平(ごとうしんぺい)、父は政治家で作家の鶴見祐輔(ゆうすけ)(1885―1973)、社会学者の鶴見和子(かずこ)(1918―2006)は姉。第二次世界大戦中の1942年(昭和17)、ハーバード大学在学中に移民法違反の容疑でFBIに逮捕されたが、留置中に卒業論文「ウィリアム・ジェイムズのプラグマティズム」を書き上げ、同年、同大学哲学科を卒業、捕虜交換船で帰国する。その後、海軍嘱託となるが、病気のため内地に送還され、敗戦をむかえた。1946年、都留重人(つるしげと)、丸山真男(まるやままさお)らと雑誌『思想の科学』を創刊。創刊当初は、積極的に欧米思想、とりわけプラグマティズムと論理実証主義を紹介し、実質的にその編集を主導した。1949年京都大学助教授、1954年東京工業大学助教授となるが、1960年日米安全保障条約決議に反対して辞職。1961年から1970年まで同志社大学教授を務め、以後、評論活動を中心に活躍する。アメリカの生活と思想に根ざしたリベラリズムの立場から戦後日本を代表するオピニオン・リーダーの一人となるが、その思想の核に据えられたものは戦争の記憶であった。『共同研究転向』(1959~1962)に代表される知識人批判には「知識人はいかにして戦争に加担してしまったか」という反省が基本的動機としてあり、またこれと対(つい)をなす、かるた、らくがき、映画、ラジオ、漫画、大衆小説、流行歌、漫才などの限界芸術・大衆文化への注目は「人びとはいかにして戦争を阻止しうるか」という問題意識に動機づけられていた。とりわけ後者の視点は、「人びと」の日常生活やハビトゥス(生活感覚)にまで「下降」しつつ、民衆意識や大衆文化の研究に大きな成果を生んだ。と同時に、人々の集まり(サークル)の意義にも注目した。研究対象として「サークル」に注目するだけでなく、研究組織においても共同研究を重視し、「記号の会」、「転向研究会」、「家の会」、「現代風俗研究会」などの重要なメンバーとなった。この手法は市民運動にも生かされ、1960年の「声なき声の会」、1965年の「ベトナムに平和を! 市民連合(ベ平連)」を生み出すことになる。いわゆる「戦後知識人」といわれる人々のなかで、「ふつうの人びと」の生活と意識をもっとも重視した思想家であり、彼らのなかから数多くの書き手を発掘した。この意味で鶴見は、知識人と「人びと」を媒介する知識人であった。[原田 達]
『『鶴見俊輔著作集』全5巻(1975~1976・筑摩書房) ▽『鶴見俊輔集』全12巻(1991~1992・筑摩書房) ▽『鶴見俊輔座談』全10巻(1996・晶文社) ▽『鶴見俊輔集 続』全5巻(2000~2001・筑摩書房) ▽L・オルソン著、黒川創・北沢恒彦・中尾ハジメ訳『アンビヴァレント・モダーンズ――江藤淳・竹内好・吉本隆明・鶴見俊輔』(1997・新宿書房) ▽原田達著『鶴見俊輔と希望の社会学』(2001・世界思想社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鶴見俊輔の言及

【転向】より

…さらに,マルクス主義の実践を青年期に特有の正義感や急進的理想主義のあらわれとみて,転向とは〈大人になること〉,すなわち成熟もしくは通俗化の結果であるとする見解もある。 このように転向は,さまざまな次元の問題をはらんでおり,研究する側の関心に応じた形で転向像が形成されているのが実情であるが,こうしたなかで,鶴見俊輔をはじめとする思想の科学研究会の編著《転向》は,転向をその契機に着目して〈権力の強制によっておこる思想の変化〉と定義することで,その概念の一般化を図り,共産主義者にとどまらず,戦時体制に協力した自由主義者や社会主義者,終戦時の軍人,戦後の学生運動の人々にいたる広範な事例に転向の概念を適用して検討を試みた。この結果,昭和の知識人たちの思想の変化の諸相が明らかにされるとともに,転向は思想史研究上の方法的概念にまで高められた。…

※「鶴見俊輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶴見俊輔の関連キーワード大森荘蔵小林道夫(2)坂部恵沢田允茂鈴木幹也寺沢恒信永井博花田圭介古田光薗田坦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴見俊輔の関連情報