コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩合制度[漁業] ぶあいせいどぎょぎょう

1件 の用語解説(歩合制度[漁業]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歩合制度[漁業]
ぶあいせいどぎょぎょう

漁業における特有な賃金支払い制度。漁獲高を最初から一定の比率 (歩合) で,漁業経営者と漁夫との間で配分する単純歩合制,漁獲高から大仲 (おおなか) と呼ばれる共同負担経費 (市場口銭,油代,食料費など) を控除して,残余を一定の比率で配分する大仲歩合制などがあるが,さらに,固定給を加味した歩合給が漁業生産力の増大とともに採用されるに伴って,とりわけ資本制的な大規模漁業では漁獲高の累進する程度に応じて歩合率が逓増する,一種の出来高報酬制ともいうべき生産奨励給付き歩合制が施行されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歩合制度[漁業]の関連キーワード漁業災害補償制度賃金支払の5原則不払いOY出来高払い未払賃金立替払制度退職金前払い制度TAE制度(タエ制度)直接固定支払い(米国)賃金支払原則

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone