コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史的妥協[イタリア] れきしてきだきょう[イタリア]Compromesso Storico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史的妥協[イタリア]
れきしてきだきょう[イタリア]
Compromesso Storico

1973年 10月イタリア共産党書記長 E.ベルリングエルが打出した現実路線。共産党社会主義政党はもちろんのこと,従来きびしく対決していたキリスト教民主党とも協力して連合政権を樹立する用意があると声明し,さらにヨーロッパ共同体 ECあるいは北大西洋条約機構 NATOといった本質的に反共主義から成立した西ヨーロッパの組織に対しても協力することを明らかにし話題を呼んだ。これによって 76年6月の総選挙では得票率を 7.2%増の 34.4%,議席数を 48増の 227に伸ばした。しかしベルリングエルの死去を転機に 80年代以降,各種選挙で退潮を重ね,さらに 89年の東ヨーロッパにおける民主化革命はイタリア共産党にも深刻な路線論争を引起し,ついに 90年3月の臨時党大会で党名変更を決定,翌年2月の第 20回党大会で社会民主主義路線を基調とする「左翼民主党 PDS」へと正式に党名を変更せざるをえなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

歴史的妥協[イタリア]の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰ポセイドン新藤兼人

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone