コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EC イー シー

12件 の用語解説(ECの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

EC

電子商取引インターネットなどのネットワークを利用して、電子的に契約や決済といった商取引をすること。企業間での取引はもとより、インターネット環境の劇的な変化により、近年ではWeb上にしか店をもたないオンラインショップのような企業と個人、また個人と個人の間でのECも活発化している。大きく3つに分類され、企業同士の取引を「B to B」(Business to Business)、企業・消費者間の取引を「B to C」(Business to Consumer)、消費者同士の取引を「C to C」(Consumer to Consumer)と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

EC

電子商取引」のことで、最も身近な例はオンライン・ショッピングです。広い意味では、インターネットなどを使い、製品の販売や決済、出荷などを行うことはすべてECに含まれます。
⇨オンライン・ショッピング

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イー‐シー【EC】[European Community]

European Community》欧州共同体。ヨーロッパ共同体。EEC欧州経済共同体)・ECSC欧州石炭鉄鋼共同体)・ユーラトム欧州原子力共同体)の各機関の統合体。1967年、フランス西ドイツイタリアベルギーオランダルクセンブルクの6か国によって成立。その後、1973年にイギリスアイルランドデンマーク、1981年にギリシャ、1986年にスペインポルトガルが加盟。経済統合を経て政治統合をもめざし、1993年11月、マーストリヒト条約欧州連合条約)の発効によりEU(欧州連合)に発展。→イー‐ユー(EU)

イー‐シー【EC】[engineering constructor]

engineering constructor》企画・計画、資金調達、設計、機材調達、完成後のメンテナンスまで含む建設業務の総合的な担い手

イー‐シー【EC】[electronic commerce]

electronic commerce》⇒電子商取引

イー‐シー【EC】[emergency contraception]

emergency contraception》⇒緊急避妊

イー‐シー【EC】[European Commission]

European Commission》⇒欧州委員会

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

EC【イーシー】

ヨーロッパ共同体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

イーシー【EC】

電子商取引。◇「electronic commerce」の頭文字から。⇒電子商取引

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

EC

〖electronic commerce〗

EC

〖European Community〗
ヨーロッパ共同体。EEC を中核として ECSC・ユーラトムの三つの機関を統合した組織。1967 年に原加盟国 6 か国で発足、73 年イギリス・アイルランド・デンマークが加盟。さらに 81 年ギリシャ、86 年スペイン・ポルトガルが加盟。通貨同盟を結成し、経済統合を経て政治同盟の実現を目的として 93 年にヨーロッパ連合(EU)に発展、その中核となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EC
イーシー

ヨーロッパ共同体」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のECの言及

【ヨーロッパ連合】より

…1992年2月7日に調印されたヨーロッパ連合条約(別称マーストリヒト条約)によって誕生したヨーロッパの地域統合機構。ヨーロッパ共同体(EC),共通外交安全保障政策(CFSP),司法・内務協力(CJHA)の三つの柱からなる。EUと略称し,欧州連合ともいう。…

【ヨーロッパ連合】より

…1992年2月7日に調印されたヨーロッパ連合条約(別称マーストリヒト条約)によって誕生したヨーロッパの地域統合機構。ヨーロッパ共同体(EC),共通外交安全保障政策(CFSP),司法・内務協力(CJHA)の三つの柱からなる。EUと略称し,欧州連合ともいう。…

※「EC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ECの関連キーワードインターネットワーキングサイバービジネス電子商取引インターネット割引シーツーシー電子ネットワークビーツーシービーツービーインターネットスラングインターネット投資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ECの関連情報