EC(読み)イーシー

翻訳|EC

デジタル大辞泉「EC」の解説

イー‐シー【EC】[European Community]

European Community欧州共同体ヨーロッパ共同体EEC(欧州経済共同体)・ECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)・ユーラトム(欧州原子力共同体)の各機関の統合体。1967年、フランス・西ドイツ・イタリア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルクの6か国によって成立。その後、1973年にイギリス・アイルランドデンマーク、1981年にギリシャ、1986年にスペイン・ポルトガルが加盟。経済統合を経て政治統合をもめざし、1993年11月、マーストリヒト条約(欧州連合条約)の発効によりEU(欧州連合)に発展。→イー‐ユー(EU)

イー‐シー【EC】[engineering constructor]

engineering constructor》企画・計画、資金調達設計、機材調達、完成後のメンテナンスまで含む建設業務の総合的な担い手

イー‐シー【EC】[EuroCity]

EuroCity》ユーロシティー。ヨーロッパの主要都市を結ぶ国際特急列車。TEEの後を受け1987年発足。

イー‐シー【EC】[electronic commerce]

electronic commerce》⇒電子商取引

イー‐シー【EC】[emergency contraception]

emergency contraception》⇒緊急避妊

イー‐シー【EC】[European Commission]

European Commission》⇒欧州委員会

イー‐シー【EC】[electrochromic]

electrochromic》⇒エレクトロクロミック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「EC」の解説

EC

電子商取引。インターネットなどのネットワークを利用して、電子的に契約決済といった商取引をすること。企業での取引はもとより、インターネット環境の劇的な変化により、近年ではWeb上にしか店をもたないオンラインショップのような企業と個人、また個人と個人の間でのECも活発化している。大きく3つに分類され、企業同士の取引を「B to B」(Business to Business)、企業・消費者間の取引を「B to C」(Business to Consumer)、消費者同士の取引を「C to C」(Consumer to Consumer)と呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「EC」の解説

EC
イーシー

European Communities(ヨーロッパ共同体)の略称で,ヨーロッパ経済共同体(EEC),ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC),ヨーロッパ原子力共同体(EURATOM)の3機関を統合した上部機関
1967年,フランス・西ドイツ・イタリア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルクの6カ国で発足。本部はブリュッセル。'73年にイギリス・アイルランド・デンマーク,'81年ギリシア,'86年スペイン・ポルトガルが加盟,'93年初めに市場統合が実現し,巨大な経済圏が成立した。'93年EU(ヨーロッパ連合)に改組

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

パソコンで困ったときに開く本「EC」の解説

EC

「電子商取引」のことで、最も身近な例はオンライン・ショッピングです。広い意味では、インターネットなどを使い、製品の販売や決済、出荷などを行うことはすべてECに含まれます。
⇨オンライン・ショッピング

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

精選版 日本国語大辞典「EC」の解説

イー‐シー【EC】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「EC」の解説

イーシー【EC】

電子商取引。◇「electronic commerce」の頭文字から。⇒電子商取引

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディア「EC」の解説

EC【イーシー】

ヨーロッパ共同体

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「EC」の解説

EC
イーシー

ヨーロッパ共同体」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「EC」の解説

EC
イーシー

ヨーロッパ共同体

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のECの言及

【ヨーロッパ連合】より

…1992年2月7日に調印されたヨーロッパ連合条約(別称マーストリヒト条約)によって誕生したヨーロッパの地域統合機構。ヨーロッパ共同体(EC),共通外交安全保障政策(CFSP),司法・内務協力(CJHA)の三つの柱からなる。EUと略称し,欧州連合ともいう。…

【ヨーロッパ連合】より

…1992年2月7日に調印されたヨーロッパ連合条約(別称マーストリヒト条約)によって誕生したヨーロッパの地域統合機構。ヨーロッパ共同体(EC),共通外交安全保障政策(CFSP),司法・内務協力(CJHA)の三つの柱からなる。EUと略称し,欧州連合ともいう。…

※「EC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android