コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残山剰水 ザンザンジョウスイ

4件 の用語解説(残山剰水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざんざん‐じょうすい【残山剰水】

戦乱のあとに残された山水。
山水画の一様式。自然の一角を小さく描き、画面に大きな余白を残して詩的情趣を表すもの。南宋の馬遠一派に始まる。馬一角(ばいっかく)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

残山剰水【ざんざんじょうすい】

中国,南宋の院体画山水を評した語で,自然の一角を描いて暗示的な空間を大きくとった構図上の特色をいう。北宋の大観的な山水画に対立する。馬遠ら馬派によって多く描かれ,形式化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざんざんじょうすい【残山剰水 cán shān shèng shuǐ】

中国において,詩語としては,そこなわれて残っている山水,亡国の山水を言うが,画評語としては,馬遠,夏珪による完成期の南宋院体山水画のいわゆる〈辺角の景〉を指す。彼らの山水画は,〈一角〉〈半辺〉とも評されるごとく,大自然の一角を切り取り対角線構図法を用いて画面に布置するものだが,これを国土の北半を失った南渡偏安の政治的局面になぞらえ,その画風を貶評(へんぴよう)したもの。【嶋田 英誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざんざんじょうすい【残山剰水】

〔山や川を残して描く意〕
全景を描ききらず、その一部分だけを描くことにより、かえって自然の広大な景観を描出する山水画の構図法。南宋の馬遠一派により完成。馬一角ばいつかく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残山剰水の関連キーワード周延栄養士虧損荒損其処な行われる見そこなはすもて損なふデピット・ノート商号変更

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone