毒麦(読み)どくむぎ

精選版 日本国語大辞典「毒麦」の解説

どく‐むぎ【毒麦】

〘名〙 イネ科一年草。ヨーロッパ原産で明治の頃渡来。各地の原野・畑のふちに生える帰化植物。高さ六〇~九〇センチメートル。葉は長さ一二~一五センチメートルの線形葉脈に沿って縦溝がある。葉鞘は赤紫色。初夏、長楕円形の小を長さ二〇センチメートル位の穂状につける。小穂には(のぎ)状の穎(えい)がある。、葉、種子テムリンという有成分を含む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「毒麦」の解説

どく‐むぎ【毒麦】

イネ科の一年草。畑地などにみられ、高さ0.5~1メートル。葉は線形。5月ごろ、茎の先に2列に穂がつく。実などに毒がある。ヨーロッパの原産で、日本には明治時代に渡来、帰化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「毒麦」の解説

毒麦 (ドクムギ)

学名Lolium temulentum
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android