毒麦(読み)ドクムギ

大辞林 第三版の解説

どくむぎ【毒麦】

イネ科の一年草。ヨーロッパ原産。日本には明治時代に渡来し、野生化。茎は高さ約70センチメートルで、線形の葉を数個互生。五月頃、茎頂に花穂を直立し、緑色で無柄の小穂を互生する。穎果えいかは卵形で、ときに芒のぎがあり、有毒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どく‐むぎ【毒麦】

〘名〙 イネ科の一年草。ヨーロッパ原産で明治の頃渡来。各地の原野・畑のふちに生える帰化植物。高さ六〇~九〇センチメートル。葉は長さ一二~一五センチメートルの線形で葉脈に沿って縦溝がある。葉鞘は赤紫色。初夏、長楕円形の小穂を長さ二〇センチメートル位の穂状につける。小穂には芒(のぎ)状の穎(えい)がある。茎、葉、種子にテムリンという有毒成分を含む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android