民衆憲法(読み)ミンシュウケンポウ

デジタル大辞泉の解説

みんしゅう‐けんぽう〔‐ケンパフ〕【民衆憲法】

民間の個人または有志グループが起草した憲法案。明治時代に、自由民権運動の広がりの中で、大日本帝国憲法の制定に先立って作成された、千葉卓三郎らの「日本帝国憲法」(五日市憲法草案)、植木枝盛の「日本国国憲按」や、第二次世界大戦後に高野岩三郎鈴木安蔵らの憲法研究会が発表した「憲法草案要綱」などがある。→私擬憲法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民衆憲法の関連情報