コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五日市憲法草案

2件 の用語解説(五日市憲法草案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五日市憲法草案

1881(明治14)年ごろ、当時の小学校の教員、千葉卓三郎(1852~83)によって起草された憲法私案。全204条のうち150条を国民の権利保護にあてている。皇后美智子さまが2013年に「世界でも珍しい文化遺産」として紹介したことで再び脚光を浴びた

(2016-11-03 朝日新聞 朝刊 山梨全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五日市憲法草案
いつかいちけんぽうそうあん

明治の民権家千葉卓三郎(ちばたくさぶろう)らによって起草された私擬(しぎ)憲法草案。作成されたのは1881年(明治14)4、5月ごろと推定される。全文204条からなる膨大なもので、現存する四十数種の私擬憲法のなかでも出色の内容をもつものと高く評価されている。その理由は、この憲法草案には「国民の権利」に関する規定が150条ほどもあり、とりわけ36条にわたる人権規定の展開に際して、他の草案にはみられない幾重にも基本的人権を保障しようとする周到さが認められるからである。この基本的人権の尊重という点では現日本国憲法に近似している。また、この集団的創造作業に参加した人々のほとんどが、20代から40代までの多摩地方の平民の民権家であって、この点も当時としては画期的なことといえる。五日市憲法草案は、1968年(昭和43)東京都西多摩郡五日市町(現あきる野市)深沢の深沢家土蔵の中から色川大吉、江井秀雄、新井勝紘(かつひろ)らの手によって発見された。[色川大吉]
『色川大吉編『民衆憲法の創造』(1970・評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五日市憲法草案の関連キーワード東京経済大学青山道夫石井寛治色川大吉北沢新次郎柴田徳衛杉山忠平武田隆夫平田清明宮崎義一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五日市憲法草案の関連情報