コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候表 きこうひょう

2件 の用語解説(気候表の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

気候表【きこうひょう】

各地の気候資料を表示したもの。各気候要素の平均値,変動度,再現期間,極値と起日,雪期間,霜期間など,用途によってさまざまの気候表がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きこうひょう【気候表 climatic table】

気象台や測候所などで長年行われてきた気候観測で得られた資料を,決まった方法で統計整理して作った表。観測地点別に気温,降水量,気圧,風向,風速,日照,日射などの気候要素を,年,月,旬などの期間別にして,平年値,累年値(毎年の値),極値などの形でまとめる。日本では,気象庁刊行の〈日本気候表〉が基本的なもの。一般の人が利用するには,《理科年表》が,国内だけでなく外国の地点も掲載されていて,地点も多く,いろいろな気候要素の統計値がわかり便利である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気候表の関連キーワード測候所初冠雪気象台火山監視・情報センター富士山測候所測候所の廃止測候所の無人化石丸雄吉後藤一郎堀口由巳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone