コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気触れる カブレル

デジタル大辞泉の解説

か‐ぶ・れる【気触れる】

[動ラ下一][文]かぶ・る[ラ下二]
漆や薬品などの刺激で皮膚が炎症を起こし、赤くかゆくなる。まける。「薬品に―・れる」
あるものの影響を強く受けて、その風(ふう)に染まる。「新思想に―・れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶれる【気触れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 かぶ・る
漆・薬品などの刺激で、皮膚に炎症や発疹が生じる。 「漆に-・れる」 「春の野やいづれの草に-・れけん(羽紅)/続猿蓑」
影響を強く受けて、その風ふうに染まる。普通、批判的な意で用いる語。 「西洋文化に-・れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

気触れるの関連キーワード続猿蓑薬品

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android