水前寺公園(読み)スイゼンジコウエン

世界大百科事典 第2版の解説

すいぜんじこうえん【水前寺公園】

熊本市水前寺公園(旧,出水町)に所在する名園。1632年(寛永9)豊前小倉から入部した藩主細川忠利が,小倉より伴った古田仁斎に命じ,水前寺成趣園として築造した回遊式大名庭園。もと水前寺は,豊前耶馬渓の羅漢寺から忠利に従って肥後に入った僧玄宅が開いた寺で,やがてこれを移し,忠利の別邸として成趣園が築かれた。園内にはスイゼンジノリの自生した豊富な清水があり,これを利用して琵琶湖になぞらえた池を中心に,東海道五十三次を模して築山や木石を配する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいぜんじこうえん【水前寺公園】

熊本市にある公園。水前寺のあった地に細川忠利が築庭。池泉回遊式庭園があり、東海道五十三次の縮景は有名。成趣じようじゆ園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水前寺公園の関連情報