水前寺海苔(読み)スイゼンジノリ

デジタル大辞泉の解説

すいぜんじ‐のり【水前寺海苔】

クロオコッカス科の藍藻(らんそう)。きれいな淡水中に生える。細胞が寒天質に包まれ、不定形の群体をつくる。食用で養殖もされる。水前寺で発見され、付近の江津湖のものは天然記念物 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいぜんじのり【水前寺海苔】

藍藻類クロオコックス目の淡水藻。熊本市水前寺原産。藻体は桿菌かんきん状の細胞の集合体で寒天質に包まれ大小種々の塊となる。現在は主に養殖で、加工品を酢の物・吸い物種などにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android