コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水呑百姓 みずのみびゃくしょう

2件 の用語解説(水呑百姓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水呑百姓
みずのみびゃくしょう

単に「水呑」ともいい,江戸時代の貧農の呼称。初期の隷属的農民の系譜をひく者,百姓の次男,3男,あるいは本百姓から転落した者など由来はさまざまである。一般に無高で貢租を負担せず,小作人 (→小作 ) として農事に,あるいは出稼ぎ,日雇いなどの農業外労働に従事し,江戸時代の農村の貧農層を形成していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水呑百姓
みずのみびゃくしょう

江戸時代に、高持(たかもち)百姓である本百姓に対して、田畑を所有しない無高の百姓を水呑とか水呑百姓とよんだ。『農鑑(のうかがみ)』では「水呑と云(いう)は、田作を不作(つくらず)、其(その)村の水計(ばかり)呑む百姓鍛冶其外(かじそのほか)諸職人」といい、『農隙(のうげき)余談』には「水飲(みずのみ)百姓は田畑を持ず、不作計(ばか)り作り、あるいは雇を(かせ)ぎ、海辺には網の手を引き、山中にては木を伐(き)り、其村里々の水を呑をいふなり」とある。それは、本来検地帳に記載されない隷属農民や、本百姓の2、3男、本百姓から没落した農民などからなっていたと考えられる。加賀藩で頭振(あたまふり)というのもこの類で、百姓株が限定されていたため高持の2、3男は分家が許されず無高の頭振となった。江戸時代の村では、水呑百姓は本百姓と異なり、一人前の百姓とみられず、村政への参加が許されなかった。彼らは土地を所有しないため、小作人となったり、出稼奉公(でかせぎぼうこう)、日傭取(ひようとり)を兼ねたり、諸職人を兼ねたりして農村の貧農層を形成していた。江戸中期以後、本百姓より没落して水呑百姓になるものが増加するとともに、水呑百姓から土地をもって本百姓に上昇するものも出た。[上杉允彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水呑百姓の言及

【小前】より

…17世紀後半期には近世村落(小農村落)が成立し,身分や家格に拘束されることなく高持百姓全員が村落構成員としての資格を獲得するようになるが,近世村落の成立によって,百姓としての権利と義務(用水や入会地の利用権,年貢・諸役・村入用など諸負担の義務)を持つ高持百姓を小前と呼ぶようになる。しかし小前の用語にはかなり広い意味が含まれていて,(1)高持百姓のすべてを指す場合,(2)村役人以外の一般の高持百姓を指す場合,(3)無高の水呑百姓をも含めて,弱小な小百姓を指す場合,などがある。《地方(じかた)凡例録》に〈小前持高十分の一以下の荒地ハ,定免年季内は百姓内済〉とあるなどは(1)の例であり,同書の他の場所に〈小前連印村役人奥印の請書証文を出させべきこと〉とあるのは(2)の例である。…

【百姓】より

…これに対し無高の者は,水呑と呼ばれて村の寄合からも排除されていた。水呑はしばしば水呑百姓とも呼ばれるが,17世紀末ころ以後においては,厳密には高持百姓たる本百姓が百姓である。
[領主の百姓支配と百姓の諸負担]
 領主による百姓支配の基軸は,小農を百姓として自立させ,百姓を石高制にもとづく生産物年貢の負担者として掌握し,それを領主権力の基礎に据え,権力の経済的基盤としての百姓経営を強化し,その数を増加させ,より多くの年貢・諸役を百姓から取り上げることであった。…

【水呑】より

…さらに一部は離村して都市に流入し,浮民化して社会問題ともなった。水呑はしばしば水呑百姓とも呼ばれているが,高請地を所持しないことから百姓としての権利・義務を持たず,厳密な意味では百姓ではない。【葉山 禎作】。…

【無足人】より

…また伊勢津藩や近江甲賀郡では郷士的な上層農民を無足人といった。これとは逆に肥前唐津藩では水呑百姓を意味していた。持つべきもの(知行地や耕地)を持たない人という点で,これらの用法には共通性がある。…

※「水呑百姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone