水平社宣言(読み)すいへいしゃせんげん

知恵蔵miniの解説

水平社宣言

1922年3月3日、全国水平社(現・部落解放同盟)の創立大会で読み上げられた宣言文。正式名称は「全国水平社創立宣言」。被差別部落出身者が自主的な運動で部落差別からの解放を目指すことを宣言したもの。「人の世に熱あれ、人間に光あれ」という結びの言葉で知られ、日本初の人権宣言ともいわれる。2014年2月、水平社博物館(奈良県御所市)などが、水平社宣言を含む全国水平社の関係資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請することを明らかにした。15年の登録を目指し、14年3月中の推薦書提出が予定されている。

(2014-2-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水平社宣言

1922(大正11)年3月3日、西光万吉ら現在の御所市出身者が中心となって部落解放運動の全国組織「全国水平社」の創立大会が京都市で開かれ、採択された。人間を尊敬することで自らを解放する集団運動は必然のものとし、被差別部落出身者に団結を呼びかけ、人間の尊厳をうたいあげた。日本最初の人権宣言ともいわれる。全国水平社は太平洋戦争中に消滅したが、戦後の1946(昭和21)年2月、部落解放全国委員会(後の部落解放同盟)として復活した。

(2012-04-10 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいへいしゃ‐せんげん【水平社宣言】

大正11年(1922)に全国水平社が結成されたときに採択された宣言。被差別部落の人々に団結を呼びかけ、人間を尊重する自主的な運動によって差別からの解放を目指すことを表明している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水平社宣言の言及

【水平社】より

…22年3月3日,京都の岡崎公会堂に各地から3000人が集まって全国水平社の創立大会を開き,綱領・宣言・決議などを採択した。西光万吉(さいこうまんきち)の起草した宣言(水平社宣言)は,水平社運動が人間の尊厳,自由・平等の理念にもとづいて一切の差別とたたかい,部落出身者だけでなくすべての人間の解放をめざすことを明らかにした。創立大会では南梅吉が委員長に選ばれたが,25年の第4回大会後は松本治一郎が長くその地位にあった。…

【部落解放運動】より


[水平社運動の展開]
 こうして1922年3月3日,〈6000部落300万人〉の解放をめざす全国水平社の創立大会が京都で開かれ,部落解放運動の本格的な歩みが開始された。西光万吉(さいこうまんきち)の起草になる〈水平社宣言〉は,人間の尊厳,自由・平等の原理にもとづいて一切の差別・抑圧とたたかい,被差別部落の人々だけでなく全人類の人間解放をめざす決意を明らかにした。全国水平社の創立が〈日本における人権宣言の日〉といわれるゆえんである。…

※「水平社宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android