コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水撃作用 すいげきさようwater hammer

翻訳|water hammer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水撃作用
すいげきさよう
water hammer

管内を充満して流れている流体などを用いて急速に遮断または減速すると弁の後方高圧を生じ,この圧力上昇が圧力波として伝わる現象。弁を急速に開放する場合も同様の現象を生じるが,このときには圧力降下を伴う。水力発電で,水車などの設備を損傷する要因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水撃作用【すいげきさよう】

ウォーターハンマーとも。水が充満して流れている管路を急に閉鎖すると水圧が急上昇し,生じた圧力波が急激に管内を往復する現象。管が破壊されることもあり,水力発電所では弁の開閉速度を制御し,これを防いでいる。
→関連項目ヘッドタンク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいげきさよう【水撃作用 water hammer】

例えば水槽から長い管で水を流出させる場合,管末端にある弁を急に閉じると,管内に非常に高い圧力と低い圧力が交互に発生し,激しい振動を生ずる。このような現象を水撃作用またはウォーターハンマーという。水撃作用がとくに激しい場合は管を破損することもある。この現象は,わずかではあるが水に圧縮性があるために起こるものであって,弁閉鎖の瞬間,弁にごく近接した水は停止するが,少し離れた水は流速をもっていることによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいげきさよう【水撃作用】

管の中をいっぱいに流れる水を急激に止めたり動かしたりしたときに弾性波を生じる現象。水槌みずつち。ウオーター-ハンマー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水撃作用
すいげきさよう
water hammer

管路の流れで、流速の急激な変化により発生する圧力の急激な変化が圧力波(水撃波)となって管路内を伝播(でんぱ)する現象。水撃現象ともいう。管路に取り付けられたバルブやポンプを急激に操作すると、水撃波が発生する。水撃作用による圧力上昇により管路が破壊されることがある。水撃作用に対してバルブやポンプを急激に操作しないようにしたり、管路にサージタンク(調圧水槽)を設置するなどの対策がとられる。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水撃作用の関連キーワードサージタンクウオーター水撃ポンプ空洞現象弾性波水槌

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android