コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水路づけ すいろづけcanalization

翻訳|canalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水路づけ
すいろづけ
canalization

心理学用語。ある種の行動パターンが狭い範囲に限定されていく過程をいう。狭義には,特定欲求または動因を満足させるいくつかの手段のうちから1つが偏好されること。たとえば,食欲は米でもパンでもその他いろいろな食物で満足されるが,ある種の食物を特に好むようになる過程をさす。水路づけはいったん形成されると,その効果は残存し,条件づけに比べて消去されにくいという特徴がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいろづけ【水路づけ canalisation[フランス]】

さまざまの可能性の中からある行動や習慣や価値観が選択され固定化される過程を,一度水路ができるとしだいに深い確かな流れとなることになぞらえて,ジャネが名付けた心理学用語。最初に何が選択されるかということと,それがどれだけ反復されるかが重要となる。マーフィーG.Murphyはパーソナリティ形成上水路づけが重要な役割をもつとした。彼によれば水路づけは条件づけとは異なるものであり,消去されないという。【児玉 憲典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水路づけの関連キーワード社会(society)青少年問題階層意識中間層社会学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android