コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷熱量計 コオリネツリョウケイ

3件 の用語解説(氷熱量計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こおり‐ねつりょうけい〔こほりネツリヤウケイ〕【氷熱量計】

高温物体を氷の中に入れ、解けた氷の量を測定することによってその物体が失った熱量を測定する熱量計

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こおりねつりょうけい【氷熱量計】

熱量計の一。氷が融ける時に一定の融解熱を吸収することを利用し、融けた氷の量を測って高温物体の熱量を求める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷熱量計
こおりねつりょうけい

測定しようとする熱量を氷の融解潜熱を利用して定量化する装置。氷の融解潜熱は既知であり、どれだけの量の状態変化(融解)を引き起こしたかによって与えられた熱量を測定できる。断熱状態で熱平衡にある氷と水の混合物に熱を与えると、氷が融解して混合物全体の体積が減少する。その量は熱量1キロカロリー(4.184キロジュール)当り1.137立方センチメートルであることが知られているので、この体積減少量を測定することにより、与えられた熱量を求めることができる。
 はブンゼンによって考案された氷熱量計を模式的に示したもので、試料は水を満たしたガラス容器で囲まれる構造となっており、指示部を除く全体が氷点槽に納められて外部から断熱される。水の下部は水銀に接し、容器中の体積変化は毛細管中に導いた水銀糸の端の移動によって測定される。水の一部をあらかじめ凍らせておき、試料を入れたときの融解による水銀糸の移動量から熱量を求める。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の氷熱量計の言及

【熱量計】より

…(2)潜熱のわかっている物質の質量あるいは体積変化から測定するもの。これには氷熱量計,蒸気熱量計がある。 (1)では温度変化の測定が重要な問題で,ベックマン温度計,抵抗温度計などの精密級温度計が用いられる。…

※「氷熱量計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氷熱量計の関連キーワードグラスホフ数氷の朔日氷の地獄氷の刃凍露氷の様氷刃碓氷の関摩擦割れ目氷量

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone