永厳(読み)ようごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永厳 ようごん

1075-1151 平安時代後期の僧。
承保(じょうほう)2年生まれ。真言宗。寛助(かんじょ)の法をつぐ。東寺にはいり,保延(ほうえん)元年権(ごんの)少僧都となる。天養2年東寺三長者,6年法印。仁和寺に保寿院をひらき保寿院流の祖となる。著作に「図像抄」(一説に原撰者は恵什(えじゅう))など。仁平(にんびょう)元年8月14日死去。77歳。俗姓は平(たいら)。字(あざな)は平等房。通称は下野法印。「えいごん」ともよむ。

永厳 えいごん

ようごん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の永厳の言及

【図像抄】より

…10巻からなり,《十巻抄》《尊容抄》とも称される。撰者は平等房永厳(えいげん)とも勝定房恵什(えじゆう)ともいわれ,自筆本はなくすべて転写本である。1193年(建久4)と推定される醍醐寺本が最も古く,ついで鳴滝常楽院本(1226),善本として高野山真別所円通寺本(1309‐10),醍醐寺本図像抄(保賢書写,1230),そのほか東京国立博物館本,高野山西南院本(鎌倉中~末期)などがある。…

※「永厳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永厳の関連情報