コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田方正 ながた ほうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田方正 ながた-ほうせい

1844-1911 明治時代の教育者,歴史家。
天保(てんぽう)15年3月1日生まれ。江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。函館師範教師をへて,明治15年函館県御用掛となりアイヌ民族の教育にあたる。20年北海道庁にはいり,24年「北海道蝦夷語地名解」を編集,26年「あいぬ教育ノ方法」をまとめた。のち遺愛女学校,東京高女でおしえた。明治44年8月22日死去。68歳。江戸出身。旧名は宇高辰次郎。著作に「北海小文典」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永田方正

没年:明治44.8.22(1911)
生年:天保15.3.1(1844.4.18)
明治期の教育者,アイヌ研究者。旧名は宇高辰次郎。西条藩士の子として,武蔵国南豊島郡青山百人町で生まれ,昌平黌で学ぶ。明治14(1881)年には函館師範学校4等教諭となり,翌年,遊楽部でアイヌ教育の調査を行う。これを機にアイヌ語研究にかかわり,『北海小文典』(1883),『北海道蝦夷語地名解』(1891)を著した。26年には北海道教育会の依頼で,岩谷英太郎と共に「あいぬ教育ノ方法」をまとめた。これは同化主義の立場からのアイヌ教育政策を理論的にも実践的にも方向づける役割を果たした。42年に離道するまでに札幌農学校などで「和漢学」を教授した。

(竹ヶ原幸朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

永田方正の関連キーワード曲芸桂太郎内閣岩石区スバル井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone