コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田方正 ながた ほうせい

2件 の用語解説(永田方正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田方正 ながた-ほうせい

1844-1911 明治時代の教育者,歴史家。
天保(てんぽう)15年3月1日生まれ。江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。函館師範教師をへて,明治15年函館県御用掛となりアイヌ民族の教育にあたる。20年北海道庁にはいり,24年「北海道蝦夷語地名解」を編集,26年「あいぬ教育ノ方法」をまとめた。のち遺愛女学校,東京高女でおしえた。明治44年8月22日死去。68歳。江戸出身。旧名は宇高辰次郎。著作に「北海小文典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永田方正

没年:明治44.8.22(1911)
生年:天保15.3.1(1844.4.18)
明治期の教育者,アイヌ研究者。旧名は宇高辰次郎。西条藩士の子として,武蔵国南豊島郡青山百人町で生まれ,昌平黌で学ぶ。明治14(1881)年には函館師範学校4等教諭となり,翌年,遊楽部でアイヌ教育の調査を行う。これを機にアイヌ語研究にかかわり,『北海小文典』(1883),『北海道蝦夷語地名解』(1891)を著した。26年には北海道教育会の依頼で,岩谷英太郎と共に「あいぬ教育ノ方法」をまとめた。これは同化主義の立場からのアイヌ教育政策を理論的にも実践的にも方向づける役割を果たした。42年に離道するまでに札幌農学校などで「和漢学」を教授した。

(竹ヶ原幸朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永田方正の関連キーワードアイヌ犬教育者アイヌ新法宇高ラク内田すゑ小川直子知里高央平村ペンリウク三上マリ子山下徳治

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone