求積法(読み)きゅうせきほう(英語表記)mensuration; quadrature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

求積法
きゅうせきほう
mensuration; quadrature

2つの異なった意味で用いられる。1つは,図形長さ面積および体積を,近似値を求める場合も含めて,計算する方法 mensurationをいい,他の1つは,特殊な形の微分方程式く場合に,不定積分を有限回行うことによって,その解を求める方法 quadratureをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうせき‐ほう〔キウセキハフ〕【求積法】

不定積分を有限回行うことによって微分方程式の解を求める方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうせきほう【求積法 quadrature】

古くは,図形の面積や体積を求めることをいい,アルキメデスの研究などがある。17世紀になって微積分学ができてから以後は,微分方程式の解を,代数的演算,変数変換,積分を有限回用いることによって求める方法を求積法というようになった。一般の微分方程式は求積法で解を求めることができない。求積法で解ける微分方程式はむしろ例外といってよい。以下,常微分方程式を使って求積法で解ける形をいくつかあげておこう。(1)変数分離形dy/dxp(x)q(y) これは,の形に解くことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅうせき‐ほう キウセキハフ【求積法】

〘名〙 不定積分を有限回行なうことによって、微分方程式の解を求める方法。求積。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報