コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎愛派 はんあいは philanthropists

2件 の用語解説(汎愛派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎愛派
はんあいは
philanthropists

18世紀のドイツ啓蒙主義的運動を展開した J.バゼドーを中心とするグループ。 J.-J.ルソーの教育説を受け,人類愛,徳性の培養と功利主義に立つ訓育を主張。ドイツ各地に寄宿学校を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汎愛派
はんあいは
Philanthropistenドイツ語

ドイツのJ・B・バゼドウが創設した汎愛学院Philanthropinを中軸にして教育活動、教育運動を展開した人々。バゼドウはルソー自然主義の影響を受け、人類愛に基づく教育改革の必要性を訴え、1774年デッサウにこの学院を開いた。この学院は子供の自由を尊重し、子供の発達段階と生活経験に即した教授活動を重視した。楽しく学習できる教育内容教育方法をくふうし、遊び、実物、実科、工作、体操、野外活動を取り入れた。この学院の教師Ch・G・ザルツマンも同じ趣旨の学校をシュネッペンタールに設立し、自ら校長として小規模で家族的雰囲気学校経営にあたった。またザルツマンは『カニの小本』『アリの小本』を著し、両親の教育観や子供観を啓発する活動をした。このほか、女子汎愛学院を設立したE・C・トラップ、汎愛派の教育思想を体系化したJ・カンペ、体育・地理教育グーツムーツ、地理教育のK・リッターらがいる。[白石克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の汎愛派の言及

【バゼドー】より

…ドイツの教育家,汎愛派の創始者。ハンブルクに生まれ,ライプチヒ大学で神学を修めた後,家庭教師,リッター・アカデミーやギムナジウムの教師を経験したが,1768年,彼を一躍有名にした《学校と学問および公共福祉へのそれらの影響に関する博愛家および資産家への提言》を公表,次いで70年《父母のための方法書》を刊行した。…

※「汎愛派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

汎愛派の関連キーワードゴットシェートドイツ社会民主党ラサール派機会詩汎愛主義シュトゥルム・ウント・ドゥラングイエス伝啓蒙主義啓蒙主義的個人主義スコットランド啓蒙主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone