コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汗疱状白癬 かんぽうじょうはくせんtinea pedis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汗疱状白癬
かんぽうじょうはくせん
tinea pedis

水虫のこと。白癬菌というカビの一種の感染によって起る足底部の皮膚病。足指の付け根や指の間,足の裏,土踏まずなどに寄生して,小さな水疱をつくる。あるいは白くふやけたり,ただれたり,表皮が薄くむけたりする。まれには手のひらや指の付け根に寄生すこともあるが,多くは足にできた病変から二次的に発生する白癬疹 trichophytidであり,この部分から白癬菌は証明できない。白癬菌は足の裏に限らず人間の皮膚のあらゆる部分に寄生し,寄生部位によって病名が違ってくる。頭髪に寄生した場合は「しらくも」 (頭部白癬) ,内股や臀部にできるのが「いんきんたむし」 (頑癬) ,爪に寄生する「爪水虫」 (爪白癬) ,顔や上肢,胸,腹,背中に寄生した場合は「ぜにたむし」 (小水疱性斑状白癬) になる

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぽうじょう‐はくせん〔カンパウジヤウ‐〕【汗×疱状白×癬】

水虫1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の汗疱状白癬の言及

【水虫】より

皮膚真菌症の一つ。足に真菌(いわゆるカビ)の一種である皮膚糸状菌が感染して発症する皮膚疾患の俗称で,医学的には足白癬(そくはくせん)tinea pedisあるいは汗疱状白癬という。手や爪の白癬に対しても手水虫,爪水虫と呼ばれることもある。…

※「汗疱状白癬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

汗疱状白癬の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名アスリーツ・フットエイズ汗疱