頑癬(読み)がんせん

百科事典マイペディア「頑癬」の解説

頑癬【がんせん】

各種白癬菌の感染による皮膚病。男子に多く特に陰部に好発する。股部白癬ともいう。境界明瞭な赤い隆起を示し,小丘疹(きゅうしん),小水疱(すいほう)を伴う。かゆみが激しく,特に夜間ははなはだしい。かくことにより湿疹化する。陰嚢(いんのう)湿疹などと合わせて〈いんきんたむし〉と混称されるが,頑癬は陰嚢は侵さない。鑑別には専門医の検査を要する。治療は抗白癬菌剤の塗布だが,専門医の治療を受けるのが望ましい。
→関連項目いんきんたむし外陰炎たむし

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「頑癬」の解説

がん‐せん グヮン‥【頑癬】

〘名〙 白癬菌というカビによって起こる皮膚病。好発部位は内股で、激しいかゆみを伴う。たむし。いんきんたむし。頑癬病。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「頑癬」の解説

頑癬
がんせん

皮膚糸状菌の寄生により生じる皮膚疾患で、股部(こぶ)白癬、図画(ずかく)性白癬、輪郭性湿疹様白癬などの別名があり、俗に「いんきんたむし」とよばれる。股部、臀部(でんぶ)に好発するが、わきの下、手の甲などにも生じ、境界明瞭(めいりょう)で、その縁が円弧状または連圏状をなした湿疹様の病変をつくり、かゆみが強い。湿疹に似ているが、病変部から容易に白癬菌が証明されるので鑑別できる。

[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「頑癬」の解説

がん‐せん〔グワン‐〕【頑×癬】

白癬菌(はくせんきん)の寄生による皮膚病。陰部・内股にでき、周囲は連環状に赤く隆起し、中央は暗紅色で、かゆみが強い。股部(こぶ)白癬。いんきんたむし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の頑癬の言及

【股部白癬】より

…頑癬,また俗に〈いんきんたむし〉ともいう。水虫たむしと同様に,真菌の一種である皮膚糸状菌に属する白癬菌の感染により発症する。…

※「頑癬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android