コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚染者負担の原則 オセンシャフタンノゲンソク

3件 の用語解説(汚染者負担の原則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おせんしゃふたん‐の‐げんそく〔ヲセンシヤフタン‐〕【汚染者負担の原則】

ピー‐ピー‐ピー(PPP)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

汚染者負担の原則【おせんしゃふたんのげんそく】

Polluter Pays Principleの訳語。PP原則PPPともいう。環境問題についての国際的な指導原則として1972年2月OECDの環境委員会で作成,5月の閣僚理事会で採択,加盟国に勧告された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汚染者負担の原則
おせんしゃふたんのげんそく

公害防止費用すなわち環境汚染の防止と制御に必要な費用は、すべて汚染の原因者が負担すべきであるとする公害法の指導原則をいう。汚染者費用負担の原則、あるいは公害発生者費用負担の原則ともいう。英語ではpolluter pays principleといい、通常PPPまたはPPの原則と略されて用いられる。
 この原則は1970年代初頭、経済協力開発機構(OECD)やヨーロッパ共同体(EC、現ヨーロッパ連合=EU)などにより採用を決定されたもので、そのねらいは企業の競争条件を同一にすることにある。すなわち、公害防止のために企業に補助金を交付したり、税制上優遇措置を講じたりする国とそうでない国との間では、国際競争力に不公平が生ずるので、そうした措置はいわゆる非関税障壁として禁止するとともに、企業が負担した公害防止費用を製品価格やサービス価格に反映させようとするものである。
 この原則が国際的に適正に適用されるためには、各国における公害規制の基準や試験分析方法などが同等になることが必要であるが、実際には各国の国内条件が異なるため、これらが各国共通になることはありえず、したがって、PPの原則が現実に国際的に実施されるのは容易ではない。日本でもPPの原則がいちおう採用されているが、その一方で公害防止に係る各種の金融、税制上の優遇措置が認められている。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汚染者負担の原則の関連キーワードCIPEC

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汚染者負担の原則の関連情報