コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江島小弥太 えじま こやた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江島小弥太 えじま-こやた

1808-1842 江戸時代後期の儒者。
文化5年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。大坂で篠崎小竹,江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)らにまなぶ。帰藩後,藩校振徳堂教授となる。天保(てんぽう)12年江戸藩邸の副留守居役を命ぜられる。天保13年2月藩邸で病没した。35歳。本姓佐土原。名は惟政。通称ははじめ貞次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江島小弥太の関連キーワード儒者

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android