コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江崎善左衛門 えざき ぜんざえもん

3件 の用語解説(江崎善左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江崎善左衛門 えざき-ぜんざえもん

1593-1675 江戸時代前期の治水家。
文禄(ぶんろく)2年5月5日生まれ。尾張(おわり)春日井郡小牧村(愛知県小牧市)の郷士。寛永10年有志5人とともに灌漑(かんがい)用溜池(ためいけ)の入鹿(いるか)池(犬山市)を築造。さらに慶安3年古木津(ふるこっつ)用水,寛文4年新木津用水を完成させ,新田を開発した。延宝3年3月26日死去。83歳。名は了也。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

江崎善左衛門

没年:延宝3.3.26(1675.4.20)
生年:文禄2.5.5(1593.6.4)
尾張入鹿新田(愛知県犬山市)の開発者。名は了也。父善左衛門宗度は織田家,徳川家に仕え,木曾街道整備に尽力した。了也は寛永4(1627)年に家督を相続すると翌年,灌漑用水入鹿池の築造を落合新八郎ら同志5人と共に願い出,同9年に着工,翌年完成。新田の石高は6838石余(1662年の検地),入鹿池より助水される本田12万石におよんだ。池完成後は同所新田頭として開発百姓誘致と監督に当たり,藩主徳川義直により苗字帯刀を許され,小牧原新田に10石の除地(年貢免除地)を下付された。さらに慶安3(1650)年に先の同志5人と木津用水(犬山市~小牧市)を,また寛文4(1664)年には分流新木津用水(小牧市~春日井市)を完成させた。この功で翌年,尾張藩から苗字帯刀より格式の高い宗門自分一札を許された。<参考文献>『小牧市史』,大石慎三郎入鹿池新田の成立」(『徳川林政史研究所研究紀要』1968年3月号)

(林順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江崎善左衛門
えざきぜんざえもん
(1593―1675)

近世初期の治水、新田開拓功労者。尾張(おわり)国春日井(かすがい)郡小牧(こまき)村(現、愛知県小牧市)の郷士。幼名新四郎、了也(りょうや)と称した。父善左衛門は織田家旧臣といい、名古屋から中山道(なかせんどう)へ通じる木曽(きそ)街道小牧宿の開設に尽力、本陣を勤めた。1633年(寛永10)上末{かみずえ}村の郷士鈴木久兵衛(生没年不詳)らとともに6名で、尾張藩の許可を得て入鹿池(いるかいけ)を築造、大いに新田を開いた。彼らはこの功により苗字(みょうじ)帯刀を許され、入鹿六人衆とよばれた。木曽川の分流木津(こっつ)川、春日井原の開発も行った。墓所は小牧西林寺(さいりんじ)。1928年(昭和3)贈従(じゅ)五位。[林 董一]
『『愛知県史 第2巻』(1935・愛知県) ▽『新編愛知県偉人伝』(1934・愛知県教育会/1979・愛知県郷土資料刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江崎善左衛門の関連キーワード犬山市犬山城明治村名古屋経済大学犬山名鉄広見線日本の城郭大島暉意近藤秀胤成瀬正成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone