江次第抄(読み)ごうしだいしょう

世界大百科事典 第2版の解説

儀式書《江家次第》の語句や儀式の一部を抄出し,解説を加えた室町時代の注釈書。《江家次第抄》ともいう。一条兼良撰述。巻首に発題を置いて《江家次第》が撰せられた由来などを記す。本文は巻一~七の7巻が伝わるが,これは《江家次第》の巻一~七(正月~6月)に相当し,《江家次第》全21巻の3分の1程度の部分が伝存していることになる。尊経閣文庫に室町時代末期の写本がある。《続々群書類従》所収。【吉岡 真之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

室町中期,一条兼良 (かねら) の有職故実 (ゆうそくこじつ) 書
現存7巻。大江匡房 (まさふさ) の『江家次第』を抄出して,利用者の指針として解釈したもの。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる