江次第抄(読み)ごうしだいしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ごうしだいしょう【江次第抄】

儀式書《江家次第》の語句や儀式の一部を抄出し,解説を加えた室町時代の注釈書。《江家次第抄》ともいう。一条兼良の撰述。巻首に発題を置いて《江家次第》が撰せられた由来などを記す。本文は巻一~七の7巻が伝わるが,これは《江家次第》の巻一~七(正月~6月)に相当し,《江家次第》全21巻の3分の1程度の部分が伝存していることになる。尊経閣文庫に室町時代末期の写本がある。《続々群書類従》所収。【吉岡 真之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android