コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅文鼎 ばいぶんてい Mei Wen-ting

4件 の用語解説(梅文鼎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅文鼎
ばいぶんてい
Mei Wen-ting

[生]崇禎6(1633)
[没]康煕60(1721)
中国,清初の暦学者,数学者。宣城 (安徽省) の人。字は定九,号は勿庵。天文暦数の学に専念して生涯仕官せず,その研究はインドイスラムの暦学から西洋の暦数にわたり,清代の暦学,数学の第一人者であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅文鼎 ばい-ぶんてい

1633-1721 清(しん)(中国)の暦学者。
天聡7年生まれ。天文学,数学の著書をおおくかく。著述の集大成である「暦算全書」は享保(きょうほう)11年(1726)日本に輸入され,13年中根元圭(げんけい)により訓点をほどこされた。これにより三角法や暦算が日本に紹介された。康煕60年死去。89歳。安徽(あんき)省出身。字(あざな)は定九。号は勿菴。著作に「暦学駢技(べんぎ)」「暦学疑問」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ばいぶんてい【梅文鼎 Méi Wén dǐng】

1633‐1721
中国,清代の天文学者,数学者。字は定九,号は勿庵。安徽省宣城の人。早くから明の大統暦を学んだが,《崇禎暦書》を入手してから西洋の天文学・数学を研究し,中西の天文学を比較して《暦学疑問》を著した。また《暦算全書》(1723)は享保年間(1716‐36)に日本にもたらされ,球面三角法などを伝えた。孫の梅成(1681‐1763)は《律暦淵源》100巻の勅撰事業に力があった。【橋本 敬造】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅文鼎
ばいぶんてい
(1633―1721)

中国、清(しん)代の暦法学者。安徽(あんき/アンホイ)省宣城の人。字(あざな)は定九、勿菴と号した。早くから父と塾師の羅王賓(らおうひん)に天文学の手ほどきを受け、のちに同郷の倪正(げいせい)に師事し、1659年『暦学駢技(べんぎ)』4巻を著した。1666年郷試に応じた。1675年に初めて『崇禎(すうてい)暦書』を入手、以後は仕官せず、生涯、天文学、数学の研究に専心し、中国の古法を復活し、インド、イスラムの暦法や西洋の天文学を研究した。『暦学疑問』はその成果であり、康煕(こうき)帝に献じ、1705年の帝の南巡の際には暦学について帝と談論した。天文学者の梅文(ぶんたい)(1637―1671)は弟であり、文鼎の著作をまとめた『梅氏叢書輯要(ばいしそうしょしゅうよう)』を編集した梅(こくせい)(1681―1763)は孫で数学者である。梅文鼎が撰(せん)した数学・暦学に関する著述の集大成である『暦算全書』は、初刊本の刊行年は不明であるが、1723年刊行本が日本に輸入され(1726)、将軍徳川吉宗(よしむね)の命により、中根元圭(げんけい)(1662―1733)が訓点を施した。これにより三角法や筆算が日本に紹介された。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅文鼎の言及

【中国数学】より

…また康熙帝の末年に編集された《数理精蘊》にはヨーロッパの代数学が〈借根方〉の名で初めて紹介された。康熙帝の時代には清朝を代表する数学者梅文鼎が活躍し,伝統的な天文学・数学を研究するとともに,ヨーロッパのそれをよく消化した。彼の著書は1723年(雍正1)に《暦算全書》として刊行されたが,これには中国・西洋の暦算学がよく折衷されている。…

※「梅文鼎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅文鼎の関連キーワード雲彩建州女真清住清水台石坂常堅小倉東渓篠嶋元琪宋紫岩諸葛白岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone