コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田王 いけだのおう

3件 の用語解説(池田王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田王 いけだのおう

?-? 奈良時代,舎人(とねり)親王の王子。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)道祖(ふなど)王にかわる皇太子の候補に推されたが,孝心にかけるとしてしりぞけられた。天平宝字3年淳仁(じゅんにん)天皇の兄弟として親王となるが,8年藤原仲麻呂(なかまろ)の乱に連座して土佐に流された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田王

生年:生没年不詳
奈良時代の皇族,官人。舎人親王の子。天武天皇の孫。天平7(735)年無位から従四位下,天平勝宝6(754)年従四位上に昇る。畿内巡察使,弾正台の長官,講梵網経の元興寺使を歴任。天平宝字1(757)年道祖王が皇太子の地位を追われると,皇太子候補のひとりに推されたが,孝行に欠けるとして退けられた。同年刑部卿となり,同2年摂津大夫従三位で,伊勢神宮への使者となる。同3年淳仁天皇(大炊王)の兄弟であるため親王となり,三品に叙せられ糺政台(弾正台の名称変更)の長官となる。同7年その子5人は母が橘奈良麻呂の一族であるので,御長真人姓を賜り臣籍に降下。藤原仲麻呂の乱(764)ののち淳仁天皇が廃されると,親王から王にもどされ土佐国(高知県)に配流。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いけだのおう【池田王】

奈良時代の皇族。舎人親王の子。生没年不詳。757年(天平宝字1)道祖(ふなど)王廃太子の後,皇太子に推されたが,孝行に欠けると退けられた。759年弟の淳仁天皇即位により親王となり,三品糺政尹に至る。764年藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱後,淳仁(淡路公)の廃位に伴い,親王も,乱前の夏に馬を多く集め事を謀ったとして,王に下され土佐に流された。その直後の大赦にも,仲麻呂,淡路公,船王,池田王の与党は許されなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池田王の関連キーワード舎人舎人親王和気王清原飛鳥田女王安倍子祖父境部王当麻山背田形内親王三原王

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone