コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙宅紹明 さたく じょうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沙宅紹明 さたく-じょうみょう

?-673 百済(くだら)(朝鮮)の学者,貴族。
百済がほろびたのち亡命。天智(てんじ)天皇10年法官大輔(たいふ)のとき,大錦(だいきん)下をさずけられた。藤原鎌足(かまたり)の碑文の作者ともいう。天武天皇2年閏(うるう)6月6日死去。没後,外小紫位(げしょうしい)と本国での大佐平(だいさへい)の位をおくられた。沙吒昭明ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さたくしょうめい【沙宅紹明】

?‐673(天武2)
百済滅亡時に日本へ亡命したもと百済貴族。官位は佐平。沙宅は沙吒,紹明は昭明とも書く。百済の柰祇城主大佐平砂宅智積(ちしやく),大佐平砂宅千福らの近親か。渡来して天智朝の法官大輔(法官は式部省の前身)となり,671年(天智10)1月に大錦下の冠位を授けられた。聡明で文学に秀で,大友皇子賓客となり,藤原鎌足が死ぬとその碑文を製したという。673年閏6月に死んで特に外小紫の冠位と本国の大佐平の官位を与えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

沙宅紹明の関連キーワード吉大尚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android