コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村惣之丞 さわむら・そうのじょう

1件 の用語解説(沢村惣之丞の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村惣之丞

没年:明治1.1.15(1868.2.8)
生年:弘化1(1844)
幕末,土佐(高知)藩の勤王の志士。諱は延世,変名は河内愛之助,関雄之助。間崎滄浪の門弟。土佐勤王党に加盟,藩の消極的時局対処姿勢に憤慨,文久2(1862)年春,吉村虎太郎と長州に脱出,いったん帰郷,武市瑞山に中国,九州方面の形勢を報告,3月,坂本竜馬と共に脱藩して再度長州に走り,以後別行動をとり,勝海舟の神戸海軍操練所で英語・航海術を学ぶ。慶応3(1867)年,坂本の海援隊に参加し,奔走。翌4年1月,鳥羽・伏見の戦の報が長崎に達するや,海援隊は長崎奉行所を占拠したが,その夜訪れた薩摩藩士を闖入者と誤り殺害,その責任を取って自刃した。<参考文献>瑞山会編『維新土佐勤王史』

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢村惣之丞の関連キーワード小畑美稲横田順宣勤王貞永庄右衛門岡田以蔵北添佶磨清岡治之助清岡道之助園村尚実矢野勘三郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone