コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村惣之丞 さわむら・そうのじょう

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村惣之丞

没年:明治1.1.15(1868.2.8)
生年:弘化1(1844)
幕末,土佐(高知)藩の勤王の志士。諱は延世,変名は河内愛之助,関雄之助。間崎滄浪の門弟。土佐勤王党に加盟,藩の消極的時局対処姿勢に憤慨,文久2(1862)年春,吉村虎太郎と長州に脱出,いったん帰郷,武市瑞山に中国,九州方面の形勢を報告,3月,坂本竜馬と共に脱藩して再度長州に走り,以後別行動をとり,勝海舟の神戸海軍操練所で英語・航海術を学ぶ。慶応3(1867)年,坂本の海援隊に参加し,奔走。翌4年1月,鳥羽・伏見の戦の報が長崎に達するや,海援隊は長崎奉行所を占拠したが,その夜訪れた薩摩藩士を闖入者と誤り殺害,その責任を取って自刃した。<参考文献>瑞山会編『維新土佐勤王史』

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

沢村惣之丞の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフガントレットクローデル児玉幸助ジェニングニコライ(2世)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢村惣之丞の関連情報