沢村親重(読み)さわむら ちかしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村親重 さわむら-ちかしげ

1622-1681 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)8年生まれ。三輪執斎(しっさい)の父。諸国をめぐり,,鍼(はり),剣をまなんだ。晩年,京都で医を開業。延宝9年9月19日死去。60歳。美濃(みの)(岐阜県)出身本姓三輪通称は次郎三郎。は自三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる