コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田 美喜 サワダ ミキ

20世紀日本人名事典の解説

沢田 美喜
サワダ ミキ

昭和期の社会事業家 エリザベス・サンダース・ホーム園長。



生年
明治34(1901)年9月19日

没年
昭和55(1980)年5月12日

出生地
東京・本郷

旧姓(旧名)
岩崎

学歴〔年〕
お茶の水高女〔大正5年〕中退

主な受賞名〔年〕
エリザベスブラックウェル賞〔昭和35年〕,朝日賞(昭37年度)〔昭和38年〕,世界の婦人賞〔昭和40年〕,総理大臣顕彰〔昭和41年〕,神奈川文化賞(第16回)〔昭和42年〕,ブリッジポート大学名誉法学博士号〔昭和45年〕,勲二等瑞宝章〔昭和47年〕,アデライデ・リストーリ賞(イタリア)〔昭和53年〕

経歴
三菱本家・岩崎久弥の長女に生まれる。大正12年外交官・沢田廉三と結婚、世界各国で生活した。戦後間もなく乗り合わせた汽車の網だなから自分の座席に混血の赤ちゃんの死体が落ちてきたのにショックを受け、私財を投じて混血児救済に乗り出す。聖公会の信者仲間だったエリザベス・サンダースの遺産5万円の寄付もあり、昭和23年神奈川県大磯町の旧岩崎家別邸に“エリザベス・サンダース・ホーム”を開設、園長兼理事長となる。以来作家パールバックらの資金協力の下に、約2000人の混血孤児や戦災孤児がこのホームを巣立って行った。28年には聖スラパノ学園を創立、理事長兼園長をつとめる。またキリシタン遺物収集家でもあり、ホームの一角に沢田美喜記念隠れキリシタン資料館が設けられている。著書に「黒い十字架のアガサ」「黒い肌と白い心 サンダース・ホームへの道」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢田 美喜の関連情報