ホーム(英語表記)Home, Henry, Lord Kames

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホーム」の解説

ホーム
Home, Henry, Lord Kames

[生]1696. ケームズ
[]1782.12.27. エディンバラ
スコットランドの法律家,哲学者,農学者。1724年法曹界に入り,1763年には大司法官となる。1751年『道徳と自然宗教について』Essays on the Principles of Morality and Natural Religionを著し,異端と非難された。また『批評の諸要素』Elements of Criticism(1762)は,美学史上見逃せない著作である。ほかに,『思考術入門』An Introduction to the Art of Thinking(1761),『人類史素描』Sketches of the History of Man(1774)など。

ホーム
Home, John

[生]1722
[没]1808
イギリスの牧師劇作家。生地スコットランドの民謡に取材した悲劇ダグラス』 Douglas (1756) で,記録的な大当りを取った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ホーム」の解説

ホーム

〘名〙 (home)
① 家庭。家。
※二人女房(1891)〈尾崎紅葉〉中「家(ホオム)の女王であるから内君といひ」
② 保護者のいない子どもや老人、生活困窮者、また、矯正を必要とする人などを収容する施設。
※日本‐明治三九年(1906)一二月二四日「傍らホームの創設に要する金円をも悉く寄納す可しといひ来りしかば」
③ 故郷。故国。本国。
※黄色い鼠(1977)〈井上ひさし〉一「オーストラリアには英国(ホーム)の習慣がずいぶん持ち込まれている」
※日本‐明治三九年(1906)一〇月二九日「ハヤ三塁を奪ってホームを狙ってゐた」

ホーム

〘名〙 ⸨フォーム⸩「プラットホーム」の略。
※ふゆくさ(1925)〈土屋文明〉軽井沢「一日の汽車に疲れしひもじさを蕎麦食ひにゆくホームは凍れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ホーム」の解説

ホーム(home)

家庭。家。「ホームバー」「マイホーム
故郷。本国。また、本拠地。→アウェー
人々を収容する施設。収容所・療養所など。「老人ホーム
ホームベース」の略。
[類語]家庭いえうちマイホーム所帯世帯一家家内我が家スイートホームファミリー家族お宅おうちいえ貴家きか

ホーム

プラットホーム」の略。「上りのホーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android