コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河瀬秀治 かわせ ひではる

3件 の用語解説(河瀬秀治の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河瀬秀治

実業家。丹後生。富士製紙を創業する。『中外商業新報』を創刊。観古美術階を賛助する。龍池階副会頭。明治40年(1907)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河瀬秀治 かわせ-ひではる

1840*-1928 明治-大正時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)10年12月15日生まれ。武蔵(むさし)知県事などを歴任。明治8年内務省博物館掛となり,内外の博覧会事業を推進した。のち「中外物価新報」(現「日本経済新聞」)を創刊するなど実業界で活躍。また岡倉天心らと日本美術の振興につくした。昭和3年4月2日死去。90歳。丹後(京都府)出身。本姓は牛窪。号は雲影。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河瀬秀治

没年:昭和3.4.2(1928)
生年:天保10.12.15(1840.1.19)
明治期の官僚,実業家。丹後国舞鶴生まれ。旧宮津藩士。旧姓牛窪,号雲影。安政開港時から国事に奔走,明治維新に際し佐幕に傾く藩中で藩主に勤王を進言,藩を救ったという。新政府に登用され武蔵知県事,小菅・印旛・熊谷・入間などの知県事・県令を歴任。群馬・入間両県に洋式製糸工場を興した。明治7(1874)年内務大丞兼勧業寮権頭,のちメルボルン博覧会開催に際して事務官長を命じられるが14年に退官。以後は産業専門の新聞『中外商業新報』を創刊するなど実業界で活躍。またフェノロサ,岡倉天心らの日本美術の振興に協力,東京美術学校の設立にも助力した。<参考文献>斎藤一暁『河瀬秀治先生伝』

(井上定幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河瀬秀治の関連キーワード実業家池松時和蒲田善兵衛酒井明佐々木秀司四条隆英堤定次郎松井房治郎三上金兵衛吉村伊助

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone