コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野百寿 こうの ひゃくす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野百寿 こうの-ひゃくす

1822-1907 幕末-明治時代の彫刻家,建築家。
文政5年生まれ。生家は代々信濃(しなの)(長野県)松本で薬種業堺屋をいとなむ。建築,絵画,彫刻などにすぐれ,明治2年信濃の諸藩が銭札を発行したとき,銅板の彫刻と印刷を命じられた。また千歳橋,御幸橋などを設計監督した。明治40年死去。86歳。通称は善助,百助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野百寿の関連キーワード明治時代建築家彫刻家幕末

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android