コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油抜き アブラヌキ

3件 の用語解説(油抜きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐ぬき【油抜き】

油で揚げたものを、油の臭みがとれるように、熱湯をかけたり、くぐらせたりすること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あぶらぬき【油抜き】

油揚げ・厚揚げ・さつま揚げなど揚げてある食材を用いるときの下ごしらえとして、湯にくぐらせたり熱湯をかけたりして、油分を除くこと。油臭さが取れて、味ののりもよくなる。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あぶらぬき【油抜き】

油で揚げたものや脂肪分の多いものを煮物にする時、熱湯をくぐらせて脂肪分や油臭さを除くこと。
洋風陶画の技法の一。洋食器などの上絵付けの際、テレビン油を用いて模様を白く抜く方法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油抜きの関連情報