コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油蝉 アブラゼミ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐ぜみ【油×蝉】

セミの一種。夏、最も普通にみられ、体長は翅(はね)の先まで約5.5センチ。翅は赤褐色で、油の染みたような紋がある。幼虫は地中で育ち、7年目に地上に出て羽化し、成虫の寿命は1、2週間。あかぜみ。あきぜみ。じいじいぜみ。 夏》「大地いましづかに揺れよ―/赤黄男」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

油蝉 (アブラゼミ)

学名:Graptopsaltria nigrofuscata
動物。セミ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

油蝉の関連キーワード煎り付ける

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油蝉の関連情報