コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉勘十郎 いずみ かんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉勘十郎 いずみ-かんじゅうろう

1832-1905 幕末-明治時代の農政家。
天保(てんぽう)3年4月29日生まれ。安政のころから生地の能登(のと)浦上村(石川県門前町)で米作りの改良,商品作物の作付けなどにつとめる。明治5年私財を投じて小学校を建設した。明治38年4月12日死去。74歳。著作に「皇州農業振起集」。
【格言など】今宵われ死すとも天に授かりた農事の道は万代や経ん(「皇州農業振起集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泉勘十郎の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド竹島(韓国名・独島)問題直言

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android