コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法住寺捌相殿 ほうじゅうじべっそうでん Pǒpchu-sa p'alsang-jǒn

1件 の用語解説(法住寺捌相殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法住寺捌相殿
ほうじゅうじべっそうでん
Pǒpchu-sa p'alsang-jǒn

韓国,忠清北道報恩郡俗離面の法住寺境内にある朝鮮半島で現在する唯一の木造五層塔。高さ約 65m。法住寺は義信祖師による新羅真興王代の創建と伝えるが,8世紀中頃に真表律師によって開かれ,代々弥勒信仰の根本道場となった大刹。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法住寺捌相殿の関連キーワード俗離山忠清北道秋風嶺清州藤原為光忠清道円福寺境内総持寺境内〈群馬県〉長楽寺境内東寺境内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone