コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法均 ほうきん

2件 の用語解説(法均の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法均
ほうきん

[生]天平2(730)
[没]延暦18(799).1.20. 京都
奈良時代末期の女官。本名,藤野別真人広虫。和気清麻呂の姉。京中の孤児の養育に励み,夫の死後孝謙上皇の女官として出仕。天平宝字6 (762) 年出家し,名を法均と改めた。神護景雲3 (769) 年道鏡が皇位を奪おうとした事件に対して,清麻呂がその野心を退けたため女帝の怒りを受け,清麻呂に連座して備後に流された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法均の関連キーワード帆世雄一中村美公iPadオリンピック招致不妊に悩む方への特定治療支援事業尾崎正章TABLE FOR TWO樺太島民の悲劇TABLE FOR TWO(TFT)薬師寺東塔

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone