法均(読み)ほうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「法均」の意味・わかりやすい解説

法均
ほうきん

[生]天平2(730)
[没]延暦18(799).1.20. 京都
奈良時代末期の女官本名,藤野別真人広虫。和気清麻呂の姉。京中の孤児養育に励み,夫の死後孝謙上皇の女官として出仕。天平宝字6 (762) 年出家し,名を法均と改めた。神護景雲3 (769) 年道鏡皇位を奪おうとした事件に対して,清麻呂がその野心を退けたため女帝の怒りを受け,清麻呂に連座して備後に流された。のち許されて帰洛し,正四位上典侍となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「法均」の意味・わかりやすい解説

法均
ほうきん

和気広虫

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android