コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定果実 ホウテイカジツ

デジタル大辞泉の解説

ほうてい‐かじつ〔ハフテイクワジツ〕【法定果実】

物の使用の対価として生じる金銭その他の物。利息・賃料・地代など。→天然果実

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法定果実【ほうていかじつ】

物(元物または元本)の使用の対価として受ける金銭その他の物(民法88条2項)。地代・利息など。法定果実の収取権者が変わった場合には,その存続期間の日割でこれを配分する(任意規定)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうていかじつ【法定果実】

物の使用の対価として生ずる金銭その他の物。賃料・利息など。 ⇔ 天然果実

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法定果実
ほうていかじつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法定果実の言及

【果実】より

…したがって単に木になる果物に限らず,野菜,牛乳,家畜の子,羊毛,鉱石などの自然の有機的・無機的産出物,さらには,地代,家賃,小作料,利息等の,物の使用の対価も果実と呼ぶ。法律上,前者を〈天然果実〉,後者を〈法定果実〉という(民法88条)。果実をめぐり社会生活上最も問題となるルールとしては,誰に果実が帰属すべきかということである。…

【物】より

…そして,民法は,これらが経済的利用の面で一体をなしているがゆえに,法的な運命のうえでも同一に扱い,主物が処分されると従物もまた原則としてその処分に従うとしたのである(同条2項)。(3)元物(げんぶつ)と果実 物の経済的利用法に従って直接収取される物(天然果実)と,物の使用の対価として受くべき金銭その他の物(法定果実)を果実という(88条)。また,これらの果実を生み出す物を元物という。…

【利息】より

…米穀物の貸借において利息を金銭で支払ったり,金銭貸借において穀物をもって利息を支払ったりしてもよいわけである。 (1)利息は元本使用の対価として支払われるものであるから,法定果実(〈果実〉の項参照)の一種である。法律の規定によって生ずる利息を法定利息といい,当事者間の契約によって発生する利息を約定利息という。…

※「法定果実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

法定果実の関連キーワード果実(法律用語)果実[法学]用益権