コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法鼓 ホウク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐く〔ホフ‐〕【法鼓】

ほっく(法鼓)

ほっ‐く【法鼓】

仏法。仏法を説くことを、戦闘での進軍の太鼓にたとえ、法鼓をたたくという。
禅寺法堂(はっとう)の北東隅に備える太鼓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうく【法鼓】

ほっく【法鼓】

〔「ほうく」とも〕
〘仏〙
仏法を説くこと。太鼓が兵を鼓舞するように説法が人々を仏道に進ませることからいう。
禅寺の法堂はつとうの東北隅にある太鼓。儀式などの時刻を人々に知らせるのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の法鼓の言及

【太鼓】より

… 歌舞伎の囃子の中で,舞台に出て演奏される出囃子(でばやし)は,上記の能の囃子に準ずるので,太鼓類としては締太鼓のみであるが,客席からは見えない舞台の袖で奏される陰囃子(かげばやし)には,さまざまな太鼓類が用いられる。その中でも中心となるものは,本来は,神社・寺院で用いられる大きな長胴の鋲打ち太鼓で,神社では〈宮太鼓〉,寺院では,宗派によっては〈法鼓(ほつく)〉などともいうが,歌舞伎では〈大太鼓(おおだいこ)〉といい,単に〈太鼓〉ともいう。なお,同種の小型のものを,櫓の上で用いるものは〈櫓太鼓〉というが,その音色の特殊なものを,とくに〈カンカラ太鼓〉ともいい,これを町中に触れて歩くときは〈触れ太鼓〉ともいう。…

※「法鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法鼓の関連キーワード法螺(ほら)朝鮮舞踊台湾仏教仏教音楽説法仏法進軍儀式農楽仏道

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android