コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泡立て器 アワタテキ

5件 の用語解説(泡立て器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あわたて‐き【泡立て器】

《「あわだてき」とも》卵白・生クリームなどをかきまぜ泡立てるのに用いる器具。茶筅(ちゃせん)形や螺旋(らせん)形をし、電動式のものもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あわだてき【泡立て器】

卵白・生クリームなどをかきまぜて、泡を立てるのに用いる器具。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

あわだてき【泡立て器】

材料の泡立て、攪拌(かくはん)に使う器具。茶筅(ちゃせん)形をはじめ、いろいろな形のものがある。ステンレス製のものが多い。

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泡立て器
あわたてき

卵白や生クリームの泡立てのほか、マヨネーズづくりや材料の攪拌(かくはん)などに使用する調理器具。茶筅(ちゃせん)も一種の泡立て器である。ヨーロッパでは、フォークを使って泡立てていたものが、また日本ではささらを用いていたものが、それぞれ器具として発展した。細い針金を組み合わせたもので、茶筅形、螺旋(らせん)形、たわし形などがあるが、回転する細い金属板で泡立てる電動のものもあり、これは普通電動ミキサーとよばれている。
 材質としては、手で扱うものでは腰の強い、弾性のあるものが泡立てやすく、電動のものでは金属が良質のステンレスのものがよい。また使用するボウルは、攪拌によって材質の表面が傷ついたり、その一部が食品中に入って色を悪くしたりしないように、ガラスかステンレス製がよく、アルミニウムやほうろう製は適さない。なお泡立ては、材料をたたくように攪拌するのがこつであるが、卵の場合は電動泡立て器を使ったほうが泡が立ちやすい。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泡立て器の関連情報