波羅提木叉(読み)はらだいもくしゃ

百科事典マイペディアの解説

波羅提木叉【はらだいもくしゃ】

サンスクリットのプラティモークシャの音写戒本・別解脱(べつげだつ)と訳す。仏教の僧尼が守るべき禁止・罰則の条文。僧尼となるとき,これを守ることを誓う。その後は布薩(ふさつ)で読み上げられ,反省・懺悔(ざんげ)の資とされる。大乗戒には〈菩薩戒本〉がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はらだいもくしゃ【波羅提木叉】

〘名〙 (prātimokṣa の音訳。別々解脱、戒本などと意訳する) 仏語。比丘、比丘尼が守らねばならない条項をまとめたもの。僧衆の教団生活を規制する箇条書の禁止条目。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)下「波羅提木叉を専にする事無りき」 〔摩訶僧祇律‐一四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android