コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥線 でいせん mud line

4件 の用語解説(泥線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥線
でいせん
mud line

泥質堆積物の分布する海底の深さを連ねた線。泥は,砂と違って泥水となって運ばれ,砂が沈積した沖側に沈んで泥質堆積物となるので,泥線は波浪,潮流,海流など海水の営力の指標となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でい‐せん【泥線】

沿岸海底で、泥質堆積(たいせき)物の分布域中、最も浅い所を連ねた線。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でいせん【泥線 mud line】

河川により海へ搬入された物質は,まず粗粒の礫と砂(泥の一部も含む)は海岸付近に,細粒の泥(シルトと粘土)は沖に堆積する。前者はさらに強い波の作用を繰り返し受け,泥はほぼ完全に砂礫から分離されて沖に堆積する。このため,現在堆積している物質は海浜から沖に向かって細粒となる。砂と泥が普遍的に分布する境界線を泥線と呼び,それは波浪による海底浸食の下限のだいたいの目安になる。その水深は海域により異なり,一般に35~50mである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でいせん【泥線】

海域の堆積物が泥になる、最も水深の浅い所を連ねた線。その深さは波浪・潮流などによって異なる。内湾で浅く、外洋で深い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泥線の関連キーワード堆積作用ファゴソームマリンスノー流星塵蓄光ピノソーム分結ペグマタイト潟の堆積周期塩水くさび

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone