コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥線 でいせんmud line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥線
でいせん
mud line

泥質堆積物の分布する海底の深さを連ねた線。は,砂と違って泥水となって運ばれ,砂が沈積した側に沈んで泥質堆積物となるので,泥線は波浪潮流海流など海水の営力の指標となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でい‐せん【泥線】

沿岸海底で、泥質堆積(たいせき)物の分布域中、最も浅い所を連ねた線。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でいせん【泥線 mud line】

河川により海へ搬入された物質は,まず粗粒の礫と砂(泥の一部も含む)は海岸付近に,細粒の泥(シルトと粘土)は沖に堆積する。前者はさらに強い波の作用を繰り返し受け,泥はほぼ完全に砂礫から分離されて沖に堆積する。このため,現在堆積している物質は海浜から沖に向かって細粒となる。砂と泥が普遍的に分布する境界線を泥線と呼び,それは波浪による海底浸食の下限のだいたいの目安になる。その水深海域により異なり,一般に35~50mである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でいせん【泥線】

海域の堆積物が泥になる、最も水深の浅い所を連ねた線。その深さは波浪・潮流などによって異なる。内湾で浅く、外洋で深い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

泥線の関連キーワード辺文進内湾外洋

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泥線の関連情報