泥線(読み)でいせん(英語表記)mud line

デジタル大辞泉の解説

でい‐せん【泥線】

沿岸海底で、泥質堆積(たいせき)物の分布域中、最も浅い所を連ねた線。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でいせん【泥線 mud line】

河川により海へ搬入された物質は,まず粗粒の礫と砂(泥の一部も含む)は海岸付近に,細粒の泥(シルトと粘土)は沖に堆積する。前者はさらに強い波の作用を繰り返し受け,泥はほぼ完全に砂礫から分離されて沖に堆積する。このため,現在堆積している物質は海浜から沖に向かって細粒となる。砂と泥が普遍的に分布する境界線を泥線と呼び,それは波浪による海底浸食の下限のだいたいの目安になる。その水深海域により異なり,一般に35~50mである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でいせん【泥線】

海域の堆積物が泥になる、最も水深の浅い所を連ねた線。その深さは波浪・潮流などによって異なる。内湾で浅く、外洋で深い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でい‐せん【泥線】

〘名〙 海底の泥質堆積物が堆積している部分の最も水深の浅い輪郭に相当する線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android