洞洞(読み)トウトウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐とう【洞】

[ト・タル][文][形動タリ]穴などがぽっかりとあくさま。また、黒々と奥深いさま。
「薄紫にけぶる野末に大きな月が―と顔を出す」〈蘆花思出の記
「黒(こく)―たる夜」〈芥川羅生門

ほら‐ほら【洞洞】

[副]中がうつろで広いさま。
「内は―、外(と)はすぶすぶ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうとう【洞洞】

( トタル ) [文] 形動タリ 
穴があいたようにうつろなさま。また、奥深く暗いさま。 「黒こく-たる大坑に臨める如く/即興詩人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞洞の関連情報