コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞洞 トウトウ

3件 の用語解説(洞洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐とう【洞】

[ト・タル][文][形動タリ]穴などがぽっかりとあくさま。また、黒々と奥深いさま。
「薄紫にけぶる野末に大きな月が―と顔を出す」〈蘆花思出の記
「黒(こく)―たる夜」〈芥川羅生門

ほら‐ほら【洞洞】

[副]中がうつろで広いさま。
「内は―、外(と)はすぶすぶ」〈・上〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうとう【洞洞】

( トタル ) [文] 形動タリ 
穴があいたようにうつろなさま。また、奥深く暗いさま。 「黒こく-たる大坑に臨める如く/即興詩人 鷗外

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞洞の関連情報